今年の凱旋門賞馬券を国内で発売!出走馬は…?|競馬情報ニュース

今年の凱旋門賞馬券を国内で発売!出走馬は…?

今週の重賞予想


  • ★海外レースの馬券が国内発売されることが発表されていましたが、今年の凱旋門賞(10/2・仏)において、日本国内初の海外競馬の馬券が発売されることになりました。

    国内初の海外馬券発売

    10月2日、仏・シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400)において、日本国内ではじめてとなる海外競馬の競走における勝馬投票馬券発売が実施されることがJRAより発表されました。
    該当競走と発売方法は以下の通り。

    発売方法
    ・ インターネット投票に限定して発売いたします。
    (対象会員は「A-PAT」及び「即PAT」)
    ・ 「単勝」「複勝」「ワイド」「馬連」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売いたします。
    (「枠連」及び「WIN5」は発売いたしません)
    ・ 独立プール方式での発売のため日本国内独自のオッズとなります。

    払戻率・払戻金への上乗せ
    ・ 払戻率は国内における勝馬投票券と同様です。
    ・ JRAプラス10(2号給付金)の対象競走となります。

    発売時間
    ・ 発売開始時刻:10月2日(日)10:00
    ・ 発売締切時刻:発走時刻(日本時間23:05予定)の4分前

    情報提供
    JRAホームページにおいて発売要項(場名・式別等)、出馬表、馬場状態・騎手変更、オッズ、レース結果、払戻金等の情報を提供する予定です。

    出展:jra.go.jp

    以前情報のあった通り、オッズは現地と異なり国内独自のオッズになるようです。日本馬の応援馬券を買いたいというファンが多いと思うので、日本馬のオッズはうまみが少ないかもしれません。

    馬券を当てるなら海外馬の情報も細かく知りたいところですが、いかんせん情報不足が考えられます。それならば好きな馬の馬券を買って応援するというのも一つの楽しみ方ですね。

    個人的には海外遠征賛成派なので関係者の方には挑戦を続けて欲しいのですが遠征にはまとまったお金も必要です。
    それであれば海外馬券については売上の一部を遠征の補助金として関係者に配分するなどできれば。などと思ったりもしていますが難しいのでしょうか。

    今年の日本馬参戦は?

    はじめての海外馬券発売ということでかなりの売上が見込めそうですがそれも日本馬次第になるでしょう。
    今年凱旋門賞に登録を行った馬は11頭です。

    ヴァンキッシュラン 牡3
    サトノダイヤモンド 牡3
    サトノノブレス 牡6
    サトノラーゼン 牡4
    タッチングスピーチ 牝4
    ディーマジェスティ 牡3
    ドゥラメンテ 牡4
    トーセンビクトリー 牝4
    マウントロブソン 牡3
    マカヒキ 牡3
    ワンアンドオンリー 牡5

    凱旋門賞へ向けて壮行レースとなるはずだった宝塚記念でまさかの故障を発症したドゥラメンテが断念し、正式に遠征を表明してるのはダービー馬マカヒキのみ。
    まだ未定の馬もいますが今年は1頭のみ参戦という可能性が高そうです。
    JRAジョッキーとなったルメール騎手とともに日本馬悲願達成は今年やってくるのか?馬券も買えるようになって楽しみが増えそうです♪

今週のマル秘予想